no-image

GMOとくとくBBの速度制限(通信制限)を徹底解剖!解除はちゃんとされる?

GMOとくとくBBを利用する上で気をつけなければならないことの一つに速度制限があります。

速度制限については何となく聞いたことはあると思いますが、実際にはどういった内容なんでしょうか?

やはりきちんと速度制限について理解しておかないと、契約後に失敗してしまう可能性もあるので、今回解説する内容を参考に予約後の失敗を回避してみてくださいね。

では実際に速度制限について詳しく見ていきましょう!

 

速度制限はいくつか種類があります

GMOとくとくBBの速度制限には実は三つの種類があるんです。次の三つです。

  • ギガ放題プランの速度制限
  • 通常プランの速度制限
  • LTE回線利用時の速度制限

一言で速度制限と言ってもこのように三つの種類があり、内容も実はかなり違ってきます。それぞれ順番に解説していきますね!

 

①ギガ放題プランの速度制限

ギガ放題プランの速度制限については実際のところそこまで厳しくはありません。内容見れば分かると思います。


  • 直近3日間の通信量合計が10GBを超えた場合のみ速度を制限
  • 速度制限がかかるのは10GBを超えた翌日の18時~翌々日2時までの8時間だけ
  • 1Mpbsに速度が制限される

この速度制限はそこまで厳しくありません。速度が制限される時間も8時間だけですし、制限速度もインターネットを使うぶんには全く問題ない速度です。

すぐに速度制限が解除され通常通りインターネットを使うことができますよ!

ちなみに三日間で10GBという条件がありますが、そもそもこの10GBというのが普通に使っているぶんにはまず到達しない容量です。

ギガ放題プランの速度制限については基本的には全く問題ないと考えてもらって構いません。

ただ問題になるのはこの次に紹介する二つの速度制限ですね。これらの速度制限はかなり厳しい速度制限なのでしっかりと内容を理解しておきましょう!

 

②通常プランでの速度制限

通常プランでの速度制限の内容は以下の通りです。


  • 1ヶ月の通信量合計が7GBを超えた場合に速度を制限
  • 128kbpsの速度に制限される
  • 速度制限は月末まで続き、月が変わるまで解除されない

先ほどのギガ放題プランのようにすぐに速度制限が解除されないのがまず厳しいですし、さらに128kbpsという速度はもはや壊滅的です。

1Mpbsの速度なら問題なくインターネットが使えましたが、この128kbpsの速度はスマホの速度制限と同じようなもので、インターネットはほぼ使えないと言ってもいいでしょう。

仮に使うとしたらメールやLINEなどの通信手段のみとお考え下さい。

このように厳しい速度制限なのでよほどWiMAXを使わない人でない限り通常プランはお勧めできません。

ちなみに私はそこまでWiMAXを使いませんので通常プランでも何とかなっていますが、やはり心配な方はギガ放題プランで契約した方が良さそうです。

 

③LTE回線利用時の速度制限

最後に紹介するのがLTE回線利用時の速度制限です。こちらも通常プランと同じでなかなか厳しい速度制限となっています。


  • WiMAXとLTE回線の通信量合計が7GBを超えた場合に速度を制限
  • 128kbpsに速度が制限される
  • 速度制限は月末まで続き、月が変わるまで解除されない

先ほどの通常プランと同じような内容ですが、違う部分はWiMAXとLTE回線の通信量合計が7GBを超えた場合という条件です。

つまりたとえギガ放題プランを使っていたとしても、LTE回線との通信量合計が7GBを超えた時点で速度制限がかかってしまうということなんですね。

なかなか厄介な速度制限だと思いませんか?

ギガ放題プランを契約している方はLTE回線の使用には十分ご注意ください。

ちなみにLTE回線の使用は基本的にはありません。WiMAXのエリア外でインターネットを使いたい場合にLTE回線を利用しますが、この場合は手動で通信モードを切り替える必要があります。

勝手にLTE回線が利用されているということはありませんので、その点は安心してくださいね。

 

速度制限じゃなくても速度が遅かったら?

ちなみに速度制限がかかっていなくても速度が遅いと感じることもあるかもしれません。

この場合は建物の中の電波状況などが関係している可能性が高いですが、この場合、GMOとくとくBBの契約は諦めた方がいいんでしょうか?

実はそんなこともなくGMOとくとくBBには便利な解約制度というのも用意されています。

  • 初期契約解除
  • キャンセル制度

初期契約解除制度は8日以内だったら違約金なしで解約ができる制度です。

キャンセル制度については20日以内に手続きをすれば違約金なしでキャンセルができるという制度です。

こちらのキャンセル制度についてはピンポイントエリア判定で○判定という条件付きですが、20日間という十分な期間が設けられているので安心して解約することができますよね。

このような二重の解約制度が用意されているので、安心してGMOとくとくBBを解約することができますよ。また安心して契約することもできます。

ちなみにより詳しい解約についての記事はこちらでも紹介していますので、契約前に不安を解消したい方はこちらの記事も参考にしてみてください。

https://xn--gmobb-h73da2rb7747f8fvg.com/cancellation.html

 

速度制限についてのまとめ

GMOとくとくBBの速度制限について解説してきましたがいかがでしたでしょうか?

GMOとくとくBBの速度制限は3種類あると話しましたが、通常プランやLTE回線利用時の速度制限はかなり厳しいものでした。

これがの厳しい速度制限を回避したいのでしたらやはりギガ放題プランがおすすめです。

もしこれからGMOとくとくBBを契約しようと考えているなら、ギガ放題プランでの契約がおすすめです。

契約者の9割以上が申し込んでいるプランですからね。

ちなみに料金プランの変更は後からでも可能です。

それに料金は最初の3か月はギガ放題プラン・通常プランともに同じ料金なので、それだったら最初はギガ放題プランから初めて見た方がいいですよね。

まずはギガ放題プランを使ってみて、その後にプラン変更も検討してみればいいでしょう。

ということでGMOとくとくBBの速度制限についてのまとめでした。